「坂の下商店街再開発計画」

2012年1月25日~30日

於・ウッディシアター中目黒

東京は下町、坂の下商店街にある老舗ラーメン店「雲珍軒」。

ここもまた地域再開発なる名目のもと立ち退きを迫られていた。それを頑なに拒む三代目店主・三雲英雄の前に現れたのが、テキヤ稼業を営む十文字一家。母・鶴子、長男・亀男と次男・亀次は、不動産屋と手を組んだ大手建設会社がさし向けた“脅し屋”だった。 それでも立ち退かない雲珍軒に業を煮やした建設会社は、かつて三雲が大怪我を負ってひっそりと引退した伝説のバイクレーサーだったことを突き止め、レースでの勝負を持ち込む。 「このレースに勝ったら、立ち退きの話を白紙に戻す」。 隣のクリーニング店・岸岡や商店街の住人たちの熱い応援を受け、バイクレースに臨んだ雲珍軒チームは瀕死の状態に陥りながらも好結果を出すことに成功。その熱き姿勢にほだされた十文字一家は雲珍軒に弟子入りし、店を手伝うことになった。

© 2009 cantabile. Created by Myauty

  • 公式ブログ 最新情報や裏話、劇団員の生活を綴ります!
  • 公式ラインアット 最新情報をいち早くお知らせします!
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 予告動画、おふざけ動画など不定期にお届け!