こちら なかまがり署 特捜一係(2016年1月)

01

警視庁なかまがり署の敷地内にある古びたプレハブに、谷沢美砂警視長(当時)直属の部署が誕生した。その名は「特捜一係」。警視庁の冴えない連中と谷沢警視長の私怨により集められたココは警視庁の陸の孤島と呼ばれ毎日をダラダラと過ごしていた。

そんなある日、特捜メンバーの岩崎令子が刺される事件が発生。あわてて捜査へ向かおうとする面々の前に、銃を持った犯人が現れる。なんとそれは内勤の事務員、永田久美であった。何とか刑事達の活躍で事件は解決するものの谷沢警視長の怒りをさらに倍増させた特捜一係は陸の無人島と化する。

02

こちらなかまがり署 特捜一係

~首切り島の殺意~ (2017年8月)

前係長の死去により新しく係長に就任した高村朝子係長の下、再出発を図る特捜一係ではあるが、相変わらず事件の捜査を禁止され暇な日々を過ごしていた。谷沢警視長の命により、瀬戸内海の無人島へと出向し、ひとときの夏を楽しんでいた。

一方、永田久美が収監されていた拘置所内で爆発事故が発生。永田は何者かに手引きされ逃走、行方をくらましていた。

谷沢警視長の任命で瀬戸内海のとある島に出向していた特捜一係の面々は、永田久美の祖母が関係していることをたまたま突き止め、偶然逃亡を阻止するのだが、逃走を手助けした運び屋、赤木清文を取り逃がしてしまう…。

03

こちらなかまがり署 特捜一係

~山さんの憂鬱と赤猫の唄~ (2019年1月)

警視監 谷沢美砂直属の部署『特捜一係』聞こえはいいが、相変わらずここは陸の孤島、厄介者の集まりであった。なかまがり署の敷地内に設けられたプレハブ小屋を拠点とする彼等の仕事は、警察犬のお世話、市街地の清掃、地域住民との交流など刑事事件の捜査とは程遠いものだった。 そんな時、関東近郊で相次ぐ不審火を連続放火犯の仕業と断定し捜査本部を設置する警視庁ではあるが、いずれの不審火も関連性に乏しく捜査は難航していた。「愉快犯の犯行では?」誰もがそう思い出した時、なかまがり署管内で新たな火の手があがる・・・

続きは劇場で・・・!

© 2009 cantabile. Created by Myauty

  • 公式ブログ 最新情報や裏話、劇団員の生活を綴ります!
  • 公式ラインアット 最新情報をいち早くお知らせします!
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 予告動画、おふざけ動画など不定期にお届け!